ビズネット株式会社は業務改善によって顧客サービス向上と新たなビジネスの展開を支援するアウトソーシングを提供します。

  1. HOME
  2. 間接材運用業務のお役立ちコラム
  3. 間接材・社内物品運用のケーススタディ
  4. 営業部門の在庫管理について

間接材・社内物品運用のケーススタディ

第2回:営業部門の在庫管理について

営業部門の在庫管理について

間接材・※1 社内物品の運用について、業種・業態ごとに具体的に考えるシリーズ。

第2回目は営業部門における販促品の運用についてです。

営業部門で特徴的な物品といえば、カタログやパンフレット、ノベルティといった販促用品や約款、契約書などの印刷物があげられます。

営業部門の在庫の課題

営業所の倉庫でよく見られる風景として、古いパンフレットやカタログなどが山積みになっていることがあります。このようなことが発生するのは、パンフレット・カタログを切らしてはいけないという意識が強く働き、多めにオーダーしてしまうからです。

それがチリと積もって山となり、しまいには、商品のリニューアルなどで、使えなくなり、倉庫の肥やしになってしまうというサイクルです。

それがチリと積もって山となってしまい、しまいには、商品がリニューアルなどして、そのまま使えなくなり、倉庫の肥やしになってしまうというサイクル

もし、パンフレット類が必要なときに必要な分だけ営業担当者の手元にあれば、このように印刷物が無駄になることはなくなるはずです。

では、コスト削減のため、たとえば営業担当者が事前にその週に必要な分を申告、発注するようにしてはいがでしょう。なにぶん印刷物なので、印刷していたら時間がかかりますし、倉庫を用意して、本社・本部の担当者が在庫管理、手配管理業務を行う必要があります。

しかし、業種によっては全国に何百、何千という販売店や営業所、代理店を持つというところがあります。こういうところでは、専任の担当者を何人かつけ、業務を行わせる事となりますが、結果的には人件費などの余分なコストがかかってしまうこともあります。

BPOを活用するメリット

そこで、販促品の取り扱い業務ごとアウトソーシングしてみてはどうでしょう。いわゆるBPO(ビジネス・プロセス・アウトソーシング)サービスを活用すると、受注、印刷の発注、印刷物やノベルティの在庫管理、出荷管理をまるまるアウトソーシングできます。

店販促品取り扱い業務ごとアウトソーシング

このBPOサービスを使い、Webから注文を受け、在庫があれば倉庫からピックアップし、発注者に送ります。ない場合は至急印刷会社にオーダーすることで、発注者はもちろんのこと、本社、本部の担当者の業務は大幅に軽減することが期待できます。

このようなサービスは拠点数が多ければ多いほど、コスト削減の効果は高まります。BPOサービスを導入検討する際には、コストメリットを出せるかどうかなどの検討をする必要があります。

BPOサービスのサプライヤーに試算シミュレーションをするところがありますので、相談したうえで決定したほうがよいでしょう。

※1 社内物品は、備品や消耗品を総称したビズネットオリジナルの呼び方です。業界によって呼び方は異なります。下記に一部の業界の呼び方についてまとめているので、参考までにご確認ください。

各業界の社内物品の呼び方

業界 呼び方 該当するもの(一例)
製造業 副資材 工具・消耗品
金融業(銀行) 用度品・備品 契約書・約款類・消耗品
保険業 セールスツール・販促品・文具事務用品 消耗品・帳票・販促品
流通業 業務品・消耗品 店用備品・販促ツール・消耗品
建設業 備品・消耗品 消耗品・帳票類
安全用品 安全関連の備品・消耗品
メーカー 現場用品 消耗品・販促ツール
調剤薬局系 店舗備品 消耗品・お薬手帳・薬包

※消耗品とは主に事務用品・生活用品を指します。

各部署の社内物品の呼び方

部署 該当するもの
総務部 消耗品・備品
購買部 消耗品・備品・工具
営業企画部・販売促進部 販促品・セールスツール・印刷物
業務部 帳票・販促品・契約書

ページTOPへ